「就職・転職の悩みと相談」 福祉の職場が嫌になったら

Q 相談者
 大学の福祉学部卒業で新卒で福祉施設に入りました。小規模の知的障害者施設で現在3年目です。仕事は指導員として施設の運営全体に関わっています。最初はとにかく一生懸命やってきたのですが、残業が多くて毎日帰りが遅く自宅から通っているものですからそれを見て両親も心配しています。土日祝日も店舗を運営していてシフト勤務になります。結果的に土日祝日の休日はとりずらく友達付き合いも減ってしまいました。
 仕事自体が嫌というのではありませんが残業が多いのが最大の問題です。自分の時間がないんです。率直なところ残業がなくて土日祝日ちゃんと休めるところに替わりたいと思っています。

Q 私
 大学の学部選択でなぜ福祉学部を選んだのですか?

A 相談者 
 新聞やテレビで紹介される報道で、「人の役に立てる仕事」と思いました。両親に相談しましたが、よくはわからないようでしたが「意義のある仕事だね」と言ってくれました。

Q 高校で進路を決めるときには福祉の現場などは見学したことはありますか?

A 相談者
 それはありませんでした。マスコミの情報ですね。

A 私
 私は大学でキャリアデザインという授業をやっていたり学生の就職についてのガイドブックの制作のお手伝いをしたこともありますが、福祉学部の学生で福祉現場を見学をしたり実習をするうちに福祉の業界が嫌になった女子学生がいます。彼女は進路を変え、3年生の時にインターンシップで家具の専門店に行きました。そこでインテリア販売を体験する中でその仕事に大変興味を持ちました。アドバイス販売の形態です。
 そこから、資格でインテリアコーディネーターと販売士2級の資格をとりました。福祉分野だけの勉強だと狭いと思うとともに、インテリアの勉強をしたかったためです。
 結果的に大手流通業に就職できました。
 やはり自分で見学したり体験したりすることは重要ですね。あなたはまだ若いので福祉の仕事についての動機がより深く持つ必要があるかもしれませんね。もし逆に動機が弱ければ他の仕事をやってみるのもよいと思います。
 
Q 私
 残業がなくて土日祝日ちゃんと休めるところと言われましたが、もうちょっと絞るとどんな分野が考えられますか?

A 相談者
 事務の仕事のイメージです。

Q 私
 職種では事務ということですが業種のイメージはありますか?

A 相談者
 業種についてはよくわかりません。福祉の学部で産業や経営についてはあまり勉強しておらずよくわかりません。でも福祉学部でも福祉の世界に行かない人の方が多かったように思います。 

A 私
 福祉学部で学んだものを少しでも生かし、共通性・普遍性を見つけるとすれば人に関わる仕事で、あなたの福祉を選んだ動機の「人の役に立ちたい」という原点を生かした分野があるかもしれませんね。医療や福祉の業界をもっと広くとらえてみるのも1つの切り口ですね。
 医療では病院や医療機器、薬品の販売分野などです。介護も現場のサービスではなく介護機器や用品の会社もあります。事務部門はどこにでもありますから。
 ただ事務はパソコンなどのアプリ操作力がどこでも必要ですから勉強はしておいてください。
 またコミュニケーションは福祉の世界で学んだもの、体験したものが役に立つでしょう。

               キャリアコンサルタント 上田信一郎

               ライフワークカレッジ   http://lifework.dnserve.com/
               E-mail            lifework_ueda@yahoo.co.jp